齋藤 将 2020年入社 ドコモショップ東陽町店 コンサルティング営業

失敗を恐れず、
挑戦する心を
持ち続けたい
失敗を恐れず、
挑戦する心を持ち続けたい
齋藤 将
ドコモショップ東陽町店
コンサルティング営業
2020年入社
※ 掲載内容は取材当時のものです

入社を決めた理由

先輩社員が楽しそうに仕事のことを話す姿を見て、
「この会社に入りたい!」と強く思いました。

もともと、楽しく仕事を続けていくためにはプライベートでも自身のスキルアップが必要だと考えていました。じつは当社に入社する前に、別の会社で内定をいただいて実際に仕事も始めていたのですが、仕事中心の毎日でスキルアップの時間も確保できず、自身の成長を感じられなくなってしまったこともあり、再度就職先を探すことにしました。その際、当社の採用担当者や先輩社員との懇親会があり、そこで先輩社員の皆さんが仕事を楽しむことで自身も成長できると話されていたので、その姿を見て「この会社に入りたい!」と強く思いました。

入社して良かったこと

がんばったことに対する評価がしっかりしていて、
とても働きやすい会社です。

別の会社での苦い経験もあったので、仕事を始めるまでは不安もあったのですが、実際に働いてみると、採用担当者や先輩社員の皆さんが言っていたとおりでとても働きやすい会社だと感じました。とくに、自分ががんばったことに対してしっかりと評価をしてくれること、その評価がとてもオープンな点について、入社して良かったと感じています。

入社してから成長できたこと

失敗に対して恐れるよりも、
間違ってもいいからチャレンジすることを学びました。

入社前は自分のことをアイデアに乏しいタイプの人間だと思っていましたが、「お客様にどう喜んでいただくか」については日々模索しなければならないので、いまではアイデアを出すことが当たり前となりました。自分自身で苦手と思っていたことを克服できた点に、成長を感じています。
また、入社当初は「失敗したらどうしよう」「お客様を怒らせてしまったらどうしよう」と不安に思うこともあったのですが、そこはお客様に対して真摯に向き合っていけばいいことだと、前向きに考えられるようになりました。失敗に対して恐れることよりも、間違ってもいいからチャレンジすることを学び、いまでは失敗に対しての抵抗はなくなりました。成長していくうえでは失敗は避けられないもの、と考え方自体が変わったことも、自身の成長につながっていると感じています。

入社してから挑戦したこと

自分の背中を先輩に見せていきなさい
という言葉に奮起しました。

入社当初から、やるなら店舗で一番のスタッフになりたいと思っていました。店長からも、まだ1年目で知識が足らないところもあるけれど、その分新鮮な気持ちでお客様と向き合えているので、その様子を2年目、3年目で落ち着いてきている先輩スタッフにも見せていきなさい、というアドバイスをいただきました。
一般的には「先輩の背中を見なさい」と言われることが多いと思うのですが、「先輩たちに自分の背中を見せていきなさい」と言われたことで自信もつき、より仕事へのモチベーションも上がりました。自分自身の行動がスタッフの刺激となり、ひいては店全体の売り上げ、会社の利益につながるという実感が、より挑戦する気持ちにつながっていきました。
現在は、「昨日の自分ができなかったことを1つでもできるようになる」ということに挑戦し続けています。元来、負けず嫌いな性格なので、自分のそういった部分も日々の挑戦につながっていると思います。

失敗と、そこからの挑戦

失敗から逃げるのではなく、
経験を積むためのチャレンジを続けました。

私の知識不足で接客の時間が長くなってしまい、担当を変わることになってしまったことがありました。お客様に対しても、変わってくれたスタッフに対してもとても申し訳なく感じましたが、そのことから逃げるのではなく、自身が知識をつけることで乗り越えようと考えました。それからは、30分くらい前までに出社して勉強する時間を確保し、また、接客に対しても後ろから見ているのではなく「僕にやらせてください」と志願するように行動を変えました。
やりたいことをとことんやらせてもらえる環境にあるので、「どうせやるなら徹底的にやれる人間になりたい」と考えられるようになりました。

当社の育成理念について

ただ答えをくれるのではなく、
自分で気づくチャンスを与えてくれる会社です。

リーダーとしてチームの運営を考えるなか、チームの業績にばかり頭が向いてしまい、自分自身の業績が下がってしまったことがありました。自分の仕事と店舗の運営でいっぱいいっぱいになってしまい、精神的にきつかったときに、日報を見た上長から「いま、お客様に向いていますか?」というコメントがありました。
その際に、優先すべきはお客様なのに、店舗スタッフのほうばかりを見ていた自分に気づきました。その日に相談の時間を設けてもらい、悩みを吐き出すことでいまの自分に足りないものに気づき、初心にかえることができました。
壁にぶつかった際も、ただ答えを教えてくれるのではなく、質問で聞かれたことによって自分で答えを出すことができました。自分自身で気づくほうが、より自身の成長にはつながるので、そういった環境と育成の理念をたいへんありがたく感じました。

資格取得について

サポート体制がしっかりしているので、
仕事と試験勉強の両立ができました。

入社後、店長と話すなかで、資格を取得することで自分の自信とお客様の安心につながるという話を聞き、すぐに受けたいですと答えました。
内定者の段階で、ドコモの資格である「プレマイスター」を取得しました。次の「マイスター」の試験は、店頭業務と自己学習の両立がうまくいかず、一度目は不合格になってしまいました。しかしすぐに奮起し、落ちた翌週から実技試験の練習を重ね、次の試験で合格することができました。資格を取得したことで、お客様に対してもより自信をもってご提案させていただくことができるようになり、よかったと思っています。 マイスターの一度目の試験の際は、一人でなんでもこなそうと思ってしまったことで店舗の運営と勉強との両立が難しくなってしまったのですが、その点を上長や育成グループに相談したところ、「最大限フォローします」とサポートをしてもらえました。結果、気持ち的にも楽になり、マイスター取得につながりました。

今後の目標について

責任者としての挑戦を続けていきたい。
店舗としては、口コミでお客様が増えるようなお店を目指していきたいです。

1年目で副店長になることを目指しています。3年目までに店長に、将来的にはエリア長、部長になり、会社に貢献していきたいです。目標については上司や同僚スタッフにも伝えていて、私の足りないこと、こうした方が良いんじゃないかということについては、アドバイスをしてくれます。
店長になったら、任された店舗で全社ナンバーワンの実績を上げることと、店舗に口コミでお客様に来ていただき、喜んでいただけるようなお店を作っていきたいという目標があります。
地域の人たちにまず喜んでいただけるお店づくりに邁進し、さらには地域外の方にもたくさん来ていただけるような、そんなお店作りを目指せるような人財になっていきたいです。

Message for Students

就活生へのメッセージ

自分自身の将来のビジョンを
叶えてくれる会社を見つけてください。

就活の際に考えていたのが、自分自身が将来どういう人間になっていきたいかというビジョンを持つことでした。仕事をやるなら中途半端にはやりたくないという気持ちが強かったので、職種で希望というよりは、「とことんやれる環境」かつ「やったことを正当に評価してくれる会社」を探していました。結果、仕事がやりがいにつながる当社に入れたことは、自分自身の成長にもつながっていますし、明るい未来を描くことができています。
「とことんやりたい」という人にはぴったりの会社だと思いますし、ぜひそういった人財に入っていただき、ともに成長を続けていきたいです。

CAREER STEP

齋藤 将さんのこれまでのキャリアステップ

2019年11月 内定者アルバイトで入社/ドコモショップ東陽町店配属 12月 プレマイスター取得 2020年4月 入社 10月マイスター取得

docomo 認定資格

  • プレマイスター:基本的なオーダーを1人で応対できる。
  • マイスター:お客様のニーズに対して具体的で積極的な提案ができる。

ENTRY
エントリー

可能性は無限大!皆様の挑戦お待ちしております。