大西 優斗 2021年入社 ドコモショップ 横浜そごう店 副店長

いろいろなことに
挑戦できて、
自己努力をきちんと
評価してくれる会社です
大西 優斗
ドコモショップ 横浜そごう店
副店長
2021年入社
※ 掲載内容は取材当時のものです

入社を決めた理由

年齢関係なくチャンスがある
ところに惹かれました。

学生時代は体育会系のラグビー部に所属していたのですが、縦社会への反動もあり、年齢関係なくチャンスがあるアイ・ティー・エックスに惹かれました。携帯電話はみなさん肌身離さず持っているものなので、そういう生活必需品の販売に携わることで、お客様の生活をよくすることに貢献できるかなと思った部分も大きかったです。
また、ラグビーには「ワン・チーム」「ワン・フォー・オール」という言葉があるのですが、みんなで挑戦し続けているこの会社ならば、学生時代に学んできたラグビーの精神が生かせるのではないかと思い、入社を決めました。

当社のいいところ

若くてもチャンスがあり、フォローも手厚いところ。

入社してよかったところは、年齢に関係なく、誰にでもチャンスがあるところです。自分も入社1年半弱で副店長に昇進し、自分より年上の部下を持つことになりましたが、風通しのよい会社なので変に気を使うことなく仕事に邁進できています。とはいえ副店長になったばかりのころはうまく指示や指導ができない部分もあったのですが、「ヒト」と「コト」を分けて考えるという上司からのアドバイスを受けて、人間愛のある指摘をできるようになってきたのではないかと感じています。
入社時には「出る杭は伸ばす」という会社の理念にも惹かれていて、打たれたら弾き返すくらいのつもりでいましたが、実際は打たれることもなく、手厚くフォローをしてもらえる環境であったこともありがたく思っています。

現在の仕事について

お客様からの感謝の声を
スタッフと共有できることがうれしい。

今年の4月に店長から「副店長に挑戦してみないか」という声をかけていただき、3カ月ほどの準備期間を経て8月から副店長となりました。まだ入社2年目なので、副店長になりたてのころはスタッフがついてきてくれていないように感じたこともありました。ただそのときも、面談の中で店長から「根底にあるのは人間愛」と言われ、スタッフとのコミュニケーションも積極的にとるようにし、行動を改めました。
副店長になるまでは、店舗運営や実績に関わる管理業務をあまりやったことがなかったので、店頭でのお客様応対を主とする販売業務とのバランスをとるのもなかなか難しかったです。最初は全部自分でやろうと思い込んでしまい、いっぱいいっぱいになることもありましたが、そこで店長やスタッフに相談できる環境であったことは本当に助かりました。
お客様から感謝の声をいただいたときに「やっててよかった」と感じることがやりがいのひとつですが、いまはその喜びを育成したスタッフと共有できることもとてもうれしく思っています。

入社してから挑戦したこと

朝の時間の使い方の改善提案など、
思いついたことは積極的に提案しています。

自分は内定者アルバイトをしていなかったので、入社前からアルバイトをしていた同期と比べて遅れているのではないかという焦りがありました。なので自己学習をしたり、優良事例を取り入れたりという、自分自身でできることは最大限やっていこうという思いがありました。もともと体育会系で負けず嫌いなところがあったので、店舗1位の人に話を聞きに行ったり、ほかの人の日報を見て学んだりと、自己努力を続けました。
また、入社3カ月目のとき、店舗の業務改善のために店長に「朝の時間の使い方を変えませんか?」と提案しました。港南台バーズ店はスペースが広く、毎朝の清掃に時間がかかってしまっていました。そこで清掃の時間を10分から5分に減らし、その代わりに分担をきちんと決めて各自の清掃場所を時間内に掃除するようにし、残りの時間をナレッジ共有のミーティングの時間にしました。結果、店舗内での優良事例の共有などもスムーズになり、業績アップにもつなげることができました。(※ 取材当時、港南台バーズ店 副店長。2023年4月より、横浜そごう店 副店長として活躍中。)
入社当初は、「出る杭は伸ばす」と言ってもなかなか現場で新人が意見をするのは難しいのではないかと思っていたのですが、入社してわずか3カ月の自分の意見を採用してくださり、それが店舗の業績にもつながる様子を見て、自分自身の自信と成長にもつながりました。

日々、努力していること

人として当たり前のことをきちんと行い、成長につなげたい。

もともと運動部で教わってきた挨拶とか、感謝とか、そういった人として当たり前のことをきちんと行うようにしています。
社会に出てからはさまざまな人間関係が存在することを学んだので、気が合ったり意見を言いやすかったりといった関係だけに甘んじるのではなく、あらゆるスタッフと積極的にコミュニケーションをとることを心がけています。そして、その人に合った育成やサポートを意識するようにしています。
頭より先にカラダが動くタイプなので(笑)、スピーディーに動けるのも自分の長所なのではないかと感じています。自己努力できる部分と、行動的な部分などをきちんと評価いただけていることはとてもありがたいです。

今後の目標について

店長、エリア長として、
お客様の生活に寄り添ったお店作りを目指したい。

目標は、3年後に店長になることです。そしてその後はエリア長を目指して携わっていきたいです。当社には育成などの仕事もありますが、やはり自分は店舗の仕事に魅力を感じています。お客様との関わりも好きですし、店舗で直接スタッフを育成できる環境も楽しく感じています。
現在のドコモショップ・d gardenの店舗作りは、コンセプトに基づいた景観への規制があるため、装飾についてはできることに限りがあるのですが、そのなかでもアイデアを出し合って実践しています。マイナンバーの申請のお手伝いをする専用のブースを作ったりと、トレンドに合わせた、お客様の生活に寄り添ったお店でいられるように努めていきたく思っています。

Message for Students

就活生へのメッセージ

自己努力ができる人を
きちんと評価してくれる会社です。

自分自身を成長させたい人、自己努力ができる人ほど評価される会社です。自分の意見を真摯に聞いてもらえるので、一緒に仕事を楽しめる関係が築けるのではないかと思います。
自分も後輩からの意見は、自分自身の成長につながるよき糧としていきたく思っています。当店舗は広さもあり、お客様も多く来られるお店なので、ぜひ当店舗にて全国1位を目指してもらいたいです。

CAREER STEP

大西 優斗さんのこれまでのキャリアステップ

2021年4月 d garden港南台バーズ店配属 5月 プレマイスター取得 9月 マイスター取得、2022年7月 グランマイスター取得 8月 副店長に着任、2023年4月 ドコモショップ横浜そごう店へ異動

docomo 認定資格

  • プレマイスター:基本的なオーダーを1人で応対できる。
  • マイスター:お客様のニーズに対して具体的で積極的な提案ができる。
  • グランマイスター:どのようなお客様にも仮説をたてて提案ができる。

ENTRY
エントリー

可能性は無限大!皆様の挑戦お待ちしております。